チケットの購入方法

現在はインターネットの発展により、以前のようにチケットの発売日に繋がらない電話を何度も何度も掛け直したりする、または列をなしてチケット販売ブースに並んだりする必要はなくなりました。大手プレイガイドの用意するチケット販売サイトにアクセスし、チケットを購入するだけでいいのです。

ただし人気のあるチケットは当然争奪戦になりますので、先行販売などに募集しても全て落選してしまうこともよくあります。そして一般販売を待つことになるわけですが、複数のプレイガイドで販売がおこなわれる場合、どこのプレイガイドで購入するかを選ぶ必要があるわけです。どこが購入しやすい、というのはおそらくありません。ほぼ運によって決まることになるはずです。ただそのプレイガイドの特徴などを知っておくと購入しやすいのは当然で、スムーズに購入手続きを進めることで、購入できる確率を高めることができる可能性はあるのです。それでは大手のプレイガイドを、特徴などを中心に幾つかここで紹介していきましょう。

チケットぴあ

かつては日本のチケット販売で大きなシェアを占めていたチケットぴあ。しかしインターネット販売に移行するにあたって、採用したシステムの脆弱さが足を引っ張って他社の追随を許してしまいます。とはいえ現在でも大手のプレイガイドの一角を担う存在であるチケットぴあのサイトの特徴は、チケット発売時間丁度にならないとサイト上の購入手続きが進められないということです。そのため発売時間ぴったりにサイトの更新ボタンを押し、購入手続きができるようにする必要があります。また数字の認証画面が分かり易く、他のサイトよりもそこで時間を費やすことがありません。

ローソンチケット

コンビニエンスストア、ローソンが展開するローソンチケットは、ローソン店舗に設置してあるマルチメディアキオスク端末「Loppi」を活用することで、シェアの拡大を成し遂げました。そんなローソンチケットのサイトは、チケットぴあ同様チケット発売時間にサイトを更新する必要があります。また認証が他のプレイガイドのサイトより複雑で、時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

イープラス

インターネットに特化したプレイガイドとして、存在感を発揮するイープラスは、他のプレイガイドのサイトと違い、発売時間前に幾つかの情報を打ち込むことができます。時間になったときに申し込みのボタンを押せば、次の段階に進めるようになっているのです。ただイープラスはサーバーが弱く、比較的繋がりにくいと言われています。